2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

2022年5月16日 (月)

下準備

下準備。

Img_6023

Img_6024

Img_6025

Img_6033

まだまだイメージです。

2022年5月13日 (金)

甘楽町小川

上州福島駅で佐藤社長から頂いた草餅を頬張っていた。

Img_6013

これがまた美味しくて、ちょっと感動ものだった。

いつもは車で金井の交差点を抜けて小川へ来るのだが、高崎から往復、上信電鉄を使った。

ここ甘楽町は空気がうまくて、ここで終日仕事が出来て過ごせるものなら、幸せだろうなと思わせる場所。

Img_6008

帰りに買った切符は角張った厚みのある切符。

Suicaが当たり前となった時代に、この切符は重い。

Img_6017

この座布団は寄贈品のようだ。

Img_6014

パイプ道。

Img_6010

 

 

 

 

2022年4月25日 (月)

ワインドカートリッジ

コットン、SUSコアのフィルターサンプル品を発送しました。

Img_5882-2

コアはSUS304です。

Img_5883

コア(パンチングパイプ)だけでなく、フィルターカートリッジにつきましても、何なりとご相談下さい。

 

 

2022年4月23日 (土)

#50歳のボーイフレンド

土曜日のこの時間に歌舞伎町へ向かうなんて、稀のまれです。

ALTA前の道は、若者たちで溢れてはいたものの、なんだか視線・表情が暗いのが気になって。

先ずは腹ごしらえ。

とんかつ にいむらさんで、ロースかつを頂きました。

これが、無茶苦茶旨い。

専務さまよりご挨拶を賜り、にいむら伝統の揚げ方を教わって、パシャリ。

Img_5867

新宿シアター・ミラクルで#50歳のボーイフレンド を観劇。

ネタバレあるので話はしませんが、作者の「かわいいが世の中に沢山あれば争いはなくなる。

幸せが増える」、そんな言葉は平坦だけど、中身はぎっしりと詰まった作品でした。

人間演劇の創造性、地平線の彼方へ思い馳せる時間でした。

Img_5871

今回もお誘い頂いた中川さんへは、いつも有り難うです。

久し振りに、大っきな大っきな気分転換となりました。

弥栄

 

2022年3月27日 (日)

星陵フィル、コンサート

紀尾井ホールでチャイコの5番を聴いた。

1楽章、冒頭の4小節が、これ程意味を持った、ひしひしとした決意を感じる時間はなかった。

人間の底力と言うか、熱意の温度に感服した一夜だった。

Img_5784-2

 

2022年3月23日 (水)

池袋へ

オミクロンには背中を押されたように反応し、外での呑み、呑み会をことごとく辞してきた。

渋谷、新宿、池袋へ出ることも、なんとなく距離を持っていた。

その池袋へ。しかもこのメンバーとなれば楽しいこと間違いなし。久しぶりに酒が旨過ぎた。

予約して貰った店は宴会集団でまさかと思ったし、二軒目も一杯で、辛うじてひとテーブルのみ空いていた。

正に開放の場だった。

Img_5777

この2・3年、目先のことを対処するばかりで、具体的な経験の乏しさは半端ない。

環境の変化が激しい中でも、生きて生かされていくには、自分の内部世界を深めていくしかない。

考えさせられる一夜でした。

有り難うございました。

2022年2月 8日 (火)

車窓の隅で

やまに食堂目掛けて歩いてみたものの、やっぱり閉まっていた。

豊橋駅歩道橋下の店店はどこも閉まっていて、その荒廃の様に驚いていた。

これをコロナ禍と言わずになんと言うのか。

駅地下で三河開化亭のつけ麺を駆け込んで、51分のひかりに飛び乗った。

こだまより6分早く着くらしい。

本来なら途中下車したいのだが、コロナでどうにも積極性にもとる。

Img_5676

 

 

 

2022年2月 4日 (金)

立春

立春の日を迎えて50歳の月日を数えることとなりました。

夕方から事務所で来期に対する思いの丈を語り尽くして、今散会したところであります。

先月、藤本社長よりお祝いのお酒を頂き今宵に開封、一献しました。

Img_5650-2

神戸は東灘区御影塚町にある蔵元のお酒です。

Img_5658

旨い。汲めば汲むほどに、真っ直ぐ静かに語り掛けてくれる酒でした。

有り難うございました。

徳利は、森本さんより戴き物。

Img_5661

誕生日のひと時、恵まれた時間に皆様へ感謝しかございません。

有り難うございました。

2022年1月13日 (木)

六郷土手とわっふる

南六郷で新年のご挨拶を終えて、次の約束まで時間が出来たので駅まで戻っていた。

冬の匂いがして、陽は傾き始めていたのに身体は温かだった。

モノづくり大田区のモノトーンの波を感じるこの辺りは好きな場所で、

普段、車移動しない自分にとっては六郷土手駅がキーステーション。

この駅を出てからパイプ道が始まる。

いつ頃出来たのか、改札の脇にわっふる日和と言うお店があって、時間稼ぎに迷わず入った。

このワッフルがほんと端正な美味しさで、印象的だった。

Img_5505

そして、東六郷へ向かった。

 

 

2022年1月 3日 (月)

湯沢町より新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

新潟県は越後湯沢より、新年のご挨拶を申し上げます。

Img_5476

何十年振りでリフトに乗り、ゲレンデを滑りました。

天気にも恵まれ、次の世代の成長を実感し、今年の気持ちの芯を手繰り寄せた時間となりました。

Img_5455

越後湯沢駅構内には、ぽんしゅ館があり、メダル5枚=利き酒5種を体験しました。

Img_5484 

ずらーっと並ぶ利き酒マシンの中から自由に呑みたい銘柄をチョイス出来る、

昔のガチャガチャのような感覚でどのボタンを押すか、祝い酒三昧を楽しんできました。

Img_5485

本年もパイプ道(みち)にご期待頂ければ幸いです。

 

«納会