2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 溶接パイプ | トップページ | パンチングパイプ »

2010年7月16日 (金)

コイル(なまし)

金額に関係なく、新しい会社さんと取引が始まるのは、やはり嬉しいものです。

五月から、ナマシのコイルを、プレス加工材として納品させて頂く様になりました。

P1010670

1個取りのステンレス部品として使われております。

コイル(なまし)も、我々がメインで扱っているパイプ造管用のものは、両サイドのスリット面が

重要と言うか命になります。昔のテキストには、鋼帯のスリット面のせん断破断面は、均一な比率であり、スリッターのカエリは少ない状態でなくてはならない、とあります。

P1010767

これは板厚0.25のコイル、スリット面です。

溶接管なので溶接ビード部の強度を求められることが多いのですが、そんな時は必ず、材料のエッジの状態も問われます。

昨夜はコイルセンターの方々と一緒でした。

P1010766

« 溶接パイプ | トップページ | パンチングパイプ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コイル(なまし):

« 溶接パイプ | トップページ | パンチングパイプ »