2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« インターロック | トップページ | 板巻きパイプ »

2010年8月 6日 (金)

コイル状コルゲート管

AM8:00、小倉からスタートです。

P1010812

九州日東精工の髙松所長、国産螺旋管の松山社長、同じく九州日東精工の園田課長です。

昨夜は遅くまで、ありがとうございました。

少し時間が出来たので、小倉城まで足を運びました。

P1010816

真近で見ますと、外装の白色がくっきり、印象的でした。

池には大きなコイが、右に左に体を傾け、暴れておりました。

(PM1:00)打ち合わせです。

P1010820

25M/巻きのコルゲートチューブ(裸管)、初物サンプルです。

給湯・給水の配管部材として使われますが、今回はより柔らかく、曲げ易い=現場施工性を意識して試作をしました。

いよいよ購買を見据えて、具体的な詰めの方向へ入ることが出来そうです。

« インターロック | トップページ | 板巻きパイプ »

コメント

芸能人の腕時計.com 現在の領土の西側3分の1近くが戦前のドイツ領である。
後にポーランドのバルト海側におけるドイツ騎士団の十字軍、そして南部におけるモンゴル襲来後のドイツ入植者の受け入れはこれらの地域の経済や文化の発展をもたらした反面、19世紀から20世紀にかけてのポーランド人とドイツ人との間の激しい民族紛争の遠因ともなった。
教皇の名の下、騎士団はプロイセンを東方殖民として統治し、近代化、開拓、商業的発展、布教、教育などに従事した。
1228年、皇帝フリードリヒ2世のリミニの金印勅書により騎士団のプロイセン領有が認められ、1230年クルシュヴィッツ条約に基いてコンラート1世は騎士団にクルムラントおよびプロイセンの全ての権利を認め騎士団はプロイセンの領有権を得た。
自治都市の公文書は時にラテン文字のドイツ語で記録され、ポーランドにおける法的語彙はドイツ語の影響で発達した。
これらの街では従来のポーランドの法律でなくドイツの都市法であるマクデブルク法が使用された。
下院は立法の役割が主体であり、政党の資質や能力が大事であるとの考えからドント方式の非拘束名簿式比例代表制。
彼らはドイツ法に基づいて自治を行い、首長と選ばれた判事が司法を掌った。
彼の同調者は「ザモイスキたち(ザモイチュチ)」と呼ばれ、緩やかな政治グループを形成しており、彼を先生・師匠と思い慕っていた。
1795年にロシア帝国、プロイセン王国、オーストリア帝国によって第三次ポーランド分割が行われてから1918年にポーランド共和国が復活するまで、ポーランドの人々は全くの外国人の国家に支配され、政治的に差別されていた。

スーパーコピー時計 https://www.cocoejp.com/ProductList1.aspx?TypeId=492876084189143

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コイル状コルゲート管:

« インターロック | トップページ | 板巻きパイプ »