2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« なかなかどっこい大阪にも奥がある | トップページ | 馬車道での再会 »

2011年10月20日 (木)

なかなかどっこい大阪にも奥がある(2)

とが・みきた駅から堺駅へ移動した。

P1030083

時間も少なくなってきたので、迷わず駅前でタクシーへ乗った。

やっぱりこの地でもドライバーは知らなかった。

「1軒心当たりがあるので、とにかく行ってみます。」

何度も何度も路地を入り直し、やり直していたその時、シャッターの隙間から薄肉のパイプらしき表面が見えた。

P1030080

「賃加工なんです。」社長はそう言って、僕を現場の中へ促してくれた。

P1030081

切断してネジ切りして拡管が出来る。これだけでも凄い武器ではないか。

シャッターの奥で展開される具体的な加工力を見て、正直なところ、なんの新鮮さも無かった。けれども、現場と言う具体性から見た世の中への眼差し。この視座を失って、ついつい経営の可能性について堂々巡りになりがちだ。

嘗ての量ではない。けれども大阪で、0.3のパイプは材料としてまだ生きている。

« なかなかどっこい大阪にも奥がある | トップページ | 馬車道での再会 »

パイプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なかなかどっこい大阪にも奥がある(2):

« なかなかどっこい大阪にも奥がある | トップページ | 馬車道での再会 »