2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 太陽光発電保全協会 大阪勉強会 | トップページ | なかなかどっこい大阪にも奥がある(2) »

2011年10月20日 (木)

なかなかどっこい大阪にも奥がある

本町から、とが・みきた駅まで来た。初めて耳にする駅名だ。

改札を出てスマホのナビを頼りに歩き始めるも、この地でもまた迷子となった。交番も無ければ、タクシーも拾えない。右肩の鞄が急に重たく感じる。結局、駅まで戻り、タクシーへ乗り直した。

P1030074

ひょんなことから、パイプを納めさせて頂くチャンスを頂いたのだった。

タクシーへ乗ったが、ウンちゃんもやっぱり分からなかった。

「この先の様だ。」半信半疑、入口で降ろして貰った。

P1030078

間違いなかった。右と左にパイプが寝ていた。

P1030077

P1030076

「特殊パイプさんとはもう30年以上になるかな。」つぶやくような声だったが鮮明に届いた。

ランニングシャツ一枚で切断している男の姿からは、その年輪が充分に放たれていた。30年、切断一筋の人生できたのか..

大阪にもこんな現実があったのか。この時、あるパイプメーカーの切断も、この場で行われていることを知った。

自分が主軸となる営業(販)以外の現場・個別と関わることで、仕事もまた成り立っていく。知らないところへパイプが売られていったとしても、なんの面白みも無い。薄肉に関わる日常がここにもこんな形であることを知って、自分の日常も更に沸き立つものだ。

« 太陽光発電保全協会 大阪勉強会 | トップページ | なかなかどっこい大阪にも奥がある(2) »

パイプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なかなかどっこい大阪にも奥がある:

« 太陽光発電保全協会 大阪勉強会 | トップページ | なかなかどっこい大阪にも奥がある(2) »