2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 絶縁化されたパイプを覗いて | トップページ | 漁のあとは無かった »

2011年11月 9日 (水)

洗っても落とすことが出来ない衝撃

“先生”と店主が言うので、はじめは耳を持っていかれた。佐藤君が社労士の先生になっていたんだ。センセイの行きつけの店で一献となった。

調べてみたら、09年10月17日、ここ塩竃で一夜を過ごした。それ以来のことだ。

そんなに時間が経たない内に、掲げられた暖簾に汚れの痕が付いているのを、目にしていた。

Dsc_0153_2

「カウンターの上まで、濁流が入ってきましてね。油まみれで洗っても落ちないんです。」店主の張りつめた眼差しをじっと見ていた。

普段、日本酒は飲まない口だが、この「浦霞禅」はとにかく旨かった。この近くに酒蔵があると聞いた。日本酒の極味は、ワインの風味と重なることが多い。

Dsc_0154 

明日、東京の市場に出る塩竃の魚を一寸早く頂いた。

Dsc_0150_2

佐藤君と分かれる時、霞んだ街路灯の様に、しらはたの店明かりだけが目に付いた。

崩れかけた建屋の前を、平林先輩と歩きながら、もう1軒入りたい気分でいた。

« 絶縁化されたパイプを覗いて | トップページ | 漁のあとは無かった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗っても落とすことが出来ない衝撃:

« 絶縁化されたパイプを覗いて | トップページ | 漁のあとは無かった »