2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 朝一番を成田上空で | トップページ | 活躍するフレキ管のフィールド »

2011年11月25日 (金)

キャッチボールから観えてくるもの

25階で下りてみると、見晴らしのきいた街並みが飛び込んできた。

暫く見ていたかったが、約束の時間が回っていて、正面へと向かった。

001

ジャカルタ出張中に、BEXの洗浄剤の件で、何度か連絡を頂いた様だった。

携帯電話や薄型テレビなどで使われる電子部品・電気材料の商社。

会話のキャッチボールはBEXから離れて、ソーラーのメンテのこと、協会のこと、フィルターのこと、パイプのこと。

「細いパイプ使えないかな。」何をイメージされているのか、とてもリアルだった。

イメージをどこまで共有出来たかは分からないけど、形にして触ってみて組み込んでみたいと、無性に思った。

展開、提案、立案、こんな方向性に溢れていた。

1階に戻ってきたら、淡い陽の光に注がれた美しいエントランスが待っていた。

002

田町の駅へ向かって、さあ、歩こう。

« 朝一番を成田上空で | トップページ | 活躍するフレキ管のフィールド »

営業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャッチボールから観えてくるもの:

« 朝一番を成田上空で | トップページ | 活躍するフレキ管のフィールド »