2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 新たな気づきが重なって、正体を掴む | トップページ | 街路灯の光を受けながら、静かに歩き始めた »

2011年12月22日 (木)

若き設計者の取り組み

名鉄・土橋駅からタクシーで向かった。

現れてくる景色の一様性に、感覚の違いと言うのか、息苦しさを直ぐに覚えた。昔手にした「自動車絶望工場」、頭の中は錯綜していた。生産量トップの街並みは鼠色だった。

少し前に連絡を貰って、スパイラルフレキをサンプルで出していた。

ネットの巡り合わせが、人と人との出会いの糸口になることは、確実なところだ。

Dsc_0247

若き設計マンと面談していて、彼がこのフレキを、エンジンの冷却で検討していることが分かった時、なんと既成概念にとらわれない柔軟な開発検討であるのか、僕は嬉しくなった。

土橋駅から次の訪問先、神宮前へと向かって行った。

Dsc_0328

夜、平林社長から、ふぐ料理を御馳走して頂いた。

今年も残り少なくなってきたなぁ。

Dsc_0329

« 新たな気づきが重なって、正体を掴む | トップページ | 街路灯の光を受けながら、静かに歩き始めた »

パイプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若き設計者の取り組み:

« 新たな気づきが重なって、正体を掴む | トップページ | 街路灯の光を受けながら、静かに歩き始めた »