2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月25日 (水)

メガソーラ洗浄で米倉山へ

ホテルから小林社長の車へ乗り込むと、ふぁっと冷気に包まれた。慌てて、コートを体の上に羽織って、暖を取った。

向かったのは、米倉山太陽光発電所。

P1030274

小田さんに、メガソーラをバックに撮って貰った。

P1030278_2

アラインジャパン㈱殿のバケット車。ダイナミックです。

洗浄剤GC3100SOと共に。

P1030288_2

パネルの汚れ具合は、設置後4か月の期間を考えると、結構な汚れです。

P1030375_2

高圧洗浄機で洗浄します。

P1030404

洗浄後のパネル風景。

P1030355_2

アームを畳んで終了。今日は、約300枚を洗いました。

P1030450

メガソーラと言う、壮大な規模の洗浄体験。

常に雨風にさらされる設置後のパネル。

手強い相手だ。作ると考える。

2012年1月19日 (木)

(社)太陽光発電保全協会 理事会に出てみて

協会の名刺と自分の会社の名刺と、二枚持ち歩く様になって、早5か月が経とうとしている。

この間、パイプ屋の雑談が太陽光の話へ拡がる瞬間を、何度も経験させて頂いた。

今までは、BEXの洗浄剤GC3100SO単体のPRに、自然と重心が掛かっていたけど、ある時から、保全協会全体の推進・PRへ、気持ちが変わっていった。

理事会へ出てみて、各理事や先生の話を聞いて、刺激になった。

Dsc_0420

もっと、予防保全が必要なことを、話していかねばならない。

Dsc_0421

全量買取制度がスタートすれば、設置後の協会として、その役割も日々深まるはずだ。

太陽光だけではなく、風力や小型の水力発電、これ等をつないでゆく活動へ。

出来ることから積み重ねていきます。

2012年1月16日 (月)

思い返すと浮かんでくる、安らいだ面影

目が覚めて時計を見ると、2時過ぎだった。

夢は夢でも、突き起こされた。映し出されて飛び込んできた画像が、輪郭も細部もカラーだったので、何か嫌な予感がした。こんな画像で起こされた時は、予期せぬ事態が起こっているものだ。

今までの経験から、そう思っていた。

事務所に出て、アメリカ向けに、板厚0.1の溶接パイプを梱包するも、なんとなく晴れることは無かった。

Dsc_0400

昼から午後にかけて、訃報が届いた。

お二人とも、思い返すと近いところで声が聞こえてくる、そんな息使いの近さが自分の中にはあった。

人と人との距離は、何も生きている人間だけのものではない。

単発ではない、脈々と重なりゆく重層感の中にいた。

2012年1月10日 (火)

笹を手に、目は真っ直ぐ前を

こんなに早い時期に大阪で仕事になるとは、思ってもみなかった。

西三荘駅を降りて、初めは途方に暮れていたけど、時間も無くなってきて、人波に合わせて歩き始めた。

Dsc_0378

ベローズではなく、スクリューパイプが候補となった。

可とう性が良い点、これに反応して頂いた。ハンドで曲げ戻しが出来る利便性は大きい。

帰り道、皆と南海なんば駅で落ち合って、“十日えびす”を体感させて頂いた。

大阪には「商売」と言う言葉が似合う。

商売繁盛の喜びは、運に任せる醍醐味もある。そんな風を感じていた。

Dsc_0388_3

2012年1月 1日 (日)

街路灯の光を受けながら、静かに歩き始めた

首にマフラーを巻いて、公園のマラソンコースを、一歩一歩歩き始めた。

1周目は、他にランナーもいない様で、今日は自分一人だけか…そんなことを思っていた。

小学生か中学生だろうか、男の子が追い越して走り去った。

「あめでとうございます。」と、後ろから声を掛けられた。よくお会いするランナーだった。

2周目なのか、これが3周目なのか、起点を過ぎる前、分からなくなっていた。もう一周歩けたら、走ってみようと思った。

昨年11月24日に、かかとの筋を伸ばしてしまい、ずっと治療を続けてきた。その甲斐あって、年末には感触を掴んでいた。

足元を確認するかの様に、ゆっくりと走り始めたら、走ることが出来た喜びは消え、なんと言うのか「無心」になっていた。

道は真っ直ぐに、街路灯の強い白色の発色が注がれていたことを、この時初めて感じていた。

体の硬さが懐柔されて、なんだか心も息を吹き返した。

進むも止めるも、自分自身、ただ一人。

こうして新たな一年が始まっている。

Dsc_0363

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »