2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 若き設計者の取り組み | トップページ | 笹を手に、目は真っ直ぐ前を »

2012年1月 1日 (日)

街路灯の光を受けながら、静かに歩き始めた

首にマフラーを巻いて、公園のマラソンコースを、一歩一歩歩き始めた。

1周目は、他にランナーもいない様で、今日は自分一人だけか…そんなことを思っていた。

小学生か中学生だろうか、男の子が追い越して走り去った。

「あめでとうございます。」と、後ろから声を掛けられた。よくお会いするランナーだった。

2周目なのか、これが3周目なのか、起点を過ぎる前、分からなくなっていた。もう一周歩けたら、走ってみようと思った。

昨年11月24日に、かかとの筋を伸ばしてしまい、ずっと治療を続けてきた。その甲斐あって、年末には感触を掴んでいた。

足元を確認するかの様に、ゆっくりと走り始めたら、走ることが出来た喜びは消え、なんと言うのか「無心」になっていた。

道は真っ直ぐに、街路灯の強い白色の発色が注がれていたことを、この時初めて感じていた。

体の硬さが懐柔されて、なんだか心も息を吹き返した。

進むも止めるも、自分自身、ただ一人。

こうして新たな一年が始まっている。

Dsc_0363

« 若き設計者の取り組み | トップページ | 笹を手に、目は真っ直ぐ前を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街路灯の光を受けながら、静かに歩き始めた:

« 若き設計者の取り組み | トップページ | 笹を手に、目は真っ直ぐ前を »