2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 笹を手に、目は真っ直ぐ前を | トップページ | (社)太陽光発電保全協会 理事会に出てみて »

2012年1月16日 (月)

思い返すと浮かんでくる、安らいだ面影

目が覚めて時計を見ると、2時過ぎだった。

夢は夢でも、突き起こされた。映し出されて飛び込んできた画像が、輪郭も細部もカラーだったので、何か嫌な予感がした。こんな画像で起こされた時は、予期せぬ事態が起こっているものだ。

今までの経験から、そう思っていた。

事務所に出て、アメリカ向けに、板厚0.1の溶接パイプを梱包するも、なんとなく晴れることは無かった。

Dsc_0400

昼から午後にかけて、訃報が届いた。

お二人とも、思い返すと近いところで声が聞こえてくる、そんな息使いの近さが自分の中にはあった。

人と人との距離は、何も生きている人間だけのものではない。

単発ではない、脈々と重なりゆく重層感の中にいた。

« 笹を手に、目は真っ直ぐ前を | トップページ | (社)太陽光発電保全協会 理事会に出てみて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い返すと浮かんでくる、安らいだ面影:

« 笹を手に、目は真っ直ぐ前を | トップページ | (社)太陽光発電保全協会 理事会に出てみて »