2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 第一回亀戸懇親会 東京フォーミング・高橋社長を囲んで | トップページ | 大阪商工会議所 海外バイヤーとの商談会 参加 »

2012年2月15日 (水)

テストサンプル 銅スクリューチューブ

小林部長とあれこれ話しをしていたら、「パイプ届きましたよ。やっとのこと入れました。」と言う。

そうか?そんなに長尺だったっけか...3530Lの銅スクリューパイプ。ケースは3800L前後。

P1030476

事務所の間口にゆとりが無くて、確かに出し入れしずらかった。

今回のポイントは、溶接繋ぎではなく、連続一体もの。但し、数十ミリ間欠あり。

P1030477

こちらが、12.7Φ×0.8t×3530L

P1030480

9.5Φ×0.6t×2450L。

P1030482

今回は銅パイプでしたが、柔らかいO材だと、ねじり加工がうまくいかない。

少し硬めの3/4H材で、この仕上がり。

焼鈍後に可とう性が出てくるので、現場調整にはもってこいの伝熱管です。

« 第一回亀戸懇親会 東京フォーミング・高橋社長を囲んで | トップページ | 大阪商工会議所 海外バイヤーとの商談会 参加 »

パイプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テストサンプル 銅スクリューチューブ:

« 第一回亀戸懇親会 東京フォーミング・高橋社長を囲んで | トップページ | 大阪商工会議所 海外バイヤーとの商談会 参加 »