2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 太陽光発電システム施工展で | トップページ | 太陽光発電システムの保全・メンテナンス研修事業WG 第1回 »

2012年3月13日 (火)

パイプか、プレスか

内径7Φ×板厚0.1のパイプを、3L(3mm)に切断しなければならない。

スマホのデバイス案件だ。

パイプ造管は得意とするところだ。

Dsc_0644

砥石で切ってみたが、ヒゲバリが残り、真円にも影響が出た。

やはり、パイプではなく、プレスで攻める仕事なのか。

そうこうしていると連絡を貰った。

8Φ×0.5tの溶接管から切削し、7Φ×0.1t×3Lを形に出来る、と言うことだった。

Dsc_0642_5

確かな品質があった。

お客さんは、プレスで検討する、と。

プレスの実体験が無いのだが、機械の誤差もあるところで、底も両耳も抜いて、果たして精度を出すことが出来るのだろうか。

« 太陽光発電システム施工展で | トップページ | 太陽光発電システムの保全・メンテナンス研修事業WG 第1回 »

パイプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイプか、プレスか:

« 太陽光発電システム施工展で | トップページ | 太陽光発電システムの保全・メンテナンス研修事業WG 第1回 »