2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« いわゆる「納品営業」はしない。でも、たまには赤いリュックを背負って | トップページ | 実に軽い。アルミ スクリューチューブ »

2012年4月 6日 (金)

作業台としての流し台。息づく「動」の構えだった

代々木駅で降りて、橋本屋様へ向かった。

昨年9月、高さ850へ上げた流し台、GN-120Rをご納品させて頂いた。

P1030580

流し台は、調理場のセンターに、堂々と息づいていた。

P1030574

鮮魚流通 兼 代々木の魚屋さん、と銘打つ橋本屋様。

今日はありがとうございました。

多用途に拡がる流し台(外流し)を営業中です!

« いわゆる「納品営業」はしない。でも、たまには赤いリュックを背負って | トップページ | 実に軽い。アルミ スクリューチューブ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作業台としての流し台。息づく「動」の構えだった:

« いわゆる「納品営業」はしない。でも、たまには赤いリュックを背負って | トップページ | 実に軽い。アルミ スクリューチューブ »