2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 作業台としての流し台。息づく「動」の構えだった | トップページ | 評価サンプル。パイプの硬さを上げてみる »

2012年4月10日 (火)

実に軽い。アルミ スクリューチューブ

板厚0.3は0.3でも、ステンレスと比べると、はるかに軽い。

確かに、ステンレス(SUS304)の比重は7.93。アルミは、2.72だ。

アルミ管のスクリュー加工。今回で2回目の経験。

軽量化による省エネを狙って、需要が増えてくるかもしれない。

また、今回は、ねじり加工したものと、しないもの(直管)との性能評価もされる。

どんな結果を得るのか、楽しみなところだ。

P1030607

P1030612_4

« 作業台としての流し台。息づく「動」の構えだった | トップページ | 評価サンプル。パイプの硬さを上げてみる »

パイプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実に軽い。アルミ スクリューチューブ:

« 作業台としての流し台。息づく「動」の構えだった | トップページ | 評価サンプル。パイプの硬さを上げてみる »