2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月23日 (月)

太陽光発電システム洗浄 碧南市

知多半島に近い、愛知県碧南市。

Dsc_1154


アパート屋上に設置された10Kwのソーラーパネル、設置後一カ月検診。

P1040215

バケット車のゴンドラから眼下を見下ろすと、こんな感じです。

P1040216


関係者集まり、色々な試みをしました。

P1040230


洗浄剤は、GC3100SO、0.5%希釈水。

P1040237

2012年7月22日 (日)

市場(Ichiba)を歩いて

会景楼大酒店(宿泊先)から20・30分歩いただろうか。

日曜日の朝の市場に入ってみた。そこには、着の身着のままの「売買」と「生活」があった。

P1040153


P1040133


P1040137


P1040139


P1040150


P1040144

深夜のチャーハン

ホテルではなく、道路沿いの店、日本で言うと、ガード下の店で呑んでみたかった。

それが今回、かなった。夜中の1時を回っていたが、客足は増えていた。

ゴミは、ゴミ箱には捨てない。自分もその気になって、少しの葛藤はあったのだが、地面に紙を2回放った。

後味が悪かった。

P1040117


後ろの席で、若者6人がザリガニを食べている。どうやらここの名物は、ザリガニの様だった。

P1040118

水道水で砂を吐かせるているのか、店員が桶の中のザリガニと格闘している。

それにしてもだ。この染み付いた匂い、人によっては異臭に近いと感じるであろう、匂いが凄いのだ。

最後の最後に、チャーハンを頼んでみた。ザリガニには結局手が出なかった。

P1040128_3

緑菜が柱となった美味い焼き飯だった。

東京でこの味は出ないだろうなぁ、そんな一品。

ホテルへ戻ってきても、テーブル周りの匂いが鼻に残って仕方がない。

興奮冷めやらぬ、と言った夜半である。

2012年7月21日 (土)

あぁ、どうしよう…

ただ、新幹線に乗るだけのことである。

でも、40になる男が不安に駆られている。

言葉が解からない。これは一つある。

行く手を遮る人間の多さ、「群衆」とでも表現すべきか、

景色の違いに、自分の回路がどこか不安定だ。

幸いにして、時刻のデジタル化は中国も一緒、

待合のプラットホームまで辿り着くことは出来た。

それでもだ。ここで待っているのが正しいのか否か…確信が持てない。

前の人間が手にしていたチケットを覗き込んで、間違いない、とホッとする。

この国は、下りる人間が先ではない。ルールが無い様だ。

目に付くのは、席を目掛けて押し相撲しながら乗り込んでいく乗客の姿である。

無事に指定の席へ着いた途端、今度は肘で顔をはたかれて、何が起こったのか…

杭州から上海へ向かっている。

P1040106

 

2012年7月20日 (金)

中国マーケットへの進出 その出発点

成田からの直行便で、杭州へ入りました。

DosFlex殿の新社屋竣工式に列席させて頂きました。

P1040095

皆で乾杯!

P1040103


夕方より、松山社長を議長として、各業界の動向を基に、意見交換をさせて頂きました。

P1040105

国内で今の仕事を守るその難しさを、出席者全員が実感し、アジアをベースとした世界での競争へ挑む、その方向性を共有した時間となりました。

これから、市場としての「中国」を攻める。

攻めます。

 

2012年7月18日 (水)

海風に和み漂う 日立

日立駅の改札まで来ると、以前と景色が変わっていることに気付いた。

右手ガラス張りから、沿岸の模様が大画面で見える様になっていた。

Dsc_1134


午後からのアポが済んで、次まで時間が出来たこともあり、大甕へ移動、

はぎ屋旅館で一服お世話になりました。これが思わぬ時間となりました。

Dsc_1139


風呂の中は、部長と二人だけ。ぬるま湯でのんびり。

眼前には太平洋の淡いブルー。波風の涼しさと、初夏の薫り。

ひと時であるにせよ、都内の異様な“熱さ”から逃げられるとは...

Dsc_1147


日立の方は実に親切でした。

また、参ります。

2012年7月17日 (火)

先輩のメッセージ

あざみの駅前 9:00待ち合わせ。拾って頂き、打ち合わせへ。

中国家庭向け、たこ焼き器の全貌について。モノを造る男のこだわりを、肌身にする。

P1040055

神田pm2:00。太陽光発電保全協会 理事会。

Dsc_1129


公益化、東・西活動の分離化、名称の再考などが議題。

取り巻く環境の大きさを知る。

Dsc_1130

秋葉原18時。

30年先輩からのメッセージ。

若者は「飢え」を知らない。この年になっても「変化」を求めるのは、「飢え」の原体験。

「徹する」

外へ行って、自分を知る。インドネシアへ。

2012年7月 6日 (金)

里程標(マイルストーン)の共有

秋葉原、18時。会議室は埋め尽くされた。

Dsc_1034


約2時間、すり合わせは進み、インドネシア合弁企業の目標時期が共有された。

リーダーより語られた「信じる」との言葉。胸に染みた。

早ければ、盆休み明けから現地へ入ります。

Dsc_1037

2012年7月 5日 (木)

インドネシア進出に向けて

秋葉原、18時。

明日の本会議に向けて、突っ込んだ話し合いとなりました。

汲めども尽きない語り合い。疑問点の洗いざらい。

人間の力、個体の力は大きい。

道は拓ける。“ぐん”と進展。

明日が本会議。設立の理念に立ち返り、皆、結束して事に当たりたい。

Dsc_1031

2012年7月 3日 (火)

油ろ過器を海外で

立売堀から江戸堀まで歩いたら、ずぶ濡れになってしまった。

携帯にまで雨が入った様で、小林部長へ℡したら、「聞こえにくい…」と。

油ろ過器を、中国、バングラデシュへPRして参ります。

食用油を特殊なろ過紙でこします。

P1040036

昼、出前を取って頂いて、大阪の事務所を後にしました。


その足で名古屋へ入って、小林社長のところへ。

新製品GC3000のサンプルを渡して参りました。

太陽光発電モジュール設置後洗浄剤の環境配慮品、界面活性剤を完全に抜きました。

Dsc_0836

温水洗浄よりは、洗浄力が出ます。

今月23か24日、バケット車での洗浄トライが予定されております。

Dsc_1023_2

2012年7月 2日 (月)

シリコン基板洗浄剤 GC3020SO

サンプルを持って、急遽、伊丹へ向かいました。

太陽電池用シリコン基板洗浄剤 GC3020SO

工程間ウェハー用の洗浄剤です。

Dsc_0990

丁度、再生可能エネルギーの固定価格買取制度がスタートしたばかりです。

昨夜、新宿のアルタ前。大飯原発再稼働に対する反対デモ。

Dsc_0983

随分と公安が出ていて、目に付きました。

Dsc_0986_5

太陽光の普及に努めて参ります。

 

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »