2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月22日 (金)

太陽光パネル洗浄剤 サンプル(2L)発送

今週、太陽光パネル洗浄剤への引き合いが急激に増えた感じを受けます。

今日もオーダーを頂き、2Lのお試し品をお送りさせて頂きました。

20130322_110538

GC3100SO、太陽光パネル設置後洗浄剤です。

今後、コストダウン、ワイパー〈PV-70〉とのキット化販売など、この分野への活動を高めて参ります。

来週は、木更津のメガソーラの現場へ、洗浄で参ります。

2013年3月19日 (火)

試作 銅スパイラルコルゲート管 発送

焼鈍に時間を要しましたが、銅パイプ H材 12.7Φ×0.8t×L スパイラルコルゲート

本日発送することが出来ました。

P1040905

ピッチ4 溝深さ1.0

P1040894

ピッチ5 溝深さ1.0

P1040898

スパイラルコルゲート管について、材質は、ステンレス及び銅の二種類、

どうぞお問い合わせ下さい。 

2013年3月14日 (木)

板巻きパンチングパイプ(SUS316L) 納品

ご注文頂き、材質:SUS316Lのコア(パンチングパイプ)を発送させて頂きました。

小ロットの為、板巻きでパイプにしました。板厚0.5です。

P1040891

L寸は500。

P1040889_3

ちなみに、量産品(SUS304)は、フォーミング造管機で流しております。

製品外観はこちらです。

P1040893_2

どうぞお問い合わせ下さい。

2013年3月13日 (水)

一枚のFAX、されど

蒸留再生器用の熱交換コイル巻きを納めさせて頂いた。

届いたFAXには、お礼の一言が添えてあった。

20130313_105957_2

初め、図面は無いと言われ、断った方が..とも考えたが、今となっては本当に良かった。

短い文面の中に、こちらも安堵した。

130213_174701_2

これと同じものを作って頂いた。

図面の無いところ、寸法拾って頂き、現場の皆さまには感謝です。

ありがとうございました!

2013年3月 8日 (金)

クリーンエネルギー保全協会 緊急理事会

このところ、出席者の顔ぶれが決まってきた。

長テーブルではなく、こっちの方が、こじんまりしていていい。

20130308_172040

会員企業を如何に募っていくか。今は、「どうか、同じ船に乗って欲しい。」そう説得していくしかないと思っている。

努力と熱意と出逢いの喜びだ。

距離が近い分、雑談の中から実りを頂く。

男の違いって言うのは、実にはっきりと出るものだ。

クリーンエネルギー保全協会

熱き有志が集っております。

20130308_173406

2013年3月 5日 (火)

花言葉は「希望」

葉書が届いた。一目で誰からの便りであるのか、理解した。

Img_201303058486

不思議なことに、時間が経てば経つ程、男の温もりがひしひしと沸き立ってくる。

「『思い』はどこにあるのか、そこに歴史があり、人がある。」あの人の言葉を思い出していた。

先月末、某大手メーカーへ防爆灯を売り込みに、東京駅までご一緒させて頂いた。

商品サンプルと言っても、相当な大きさと重量がある。これを担いで行った。

Img_2013030531734

結果は、直ぐに出た。新橋駅で着信を得た。

担当者との不一致もあったのだろう、とにかくダメでした、とのことだった。

男は、この吊具と蛍光灯とを運びながら、一人亀戸まで戻ってこられた。

僕は、駅改札で待つことしか出来なかった。

金沢から夜行バスで来て、東京の街並みは、どんな姿に映ったのか。

数日経って、このサンプル入手にお骨折り頂いた小林社長から、「LED化して再トライしますか!」思ってもみない提案を受け取り、僕は直ぐに伝えた。

文面には、「4月に再挑戦します。」とあった。

決して器用ではない。けれども、汲めども尽きない男の想いには華があり、命がある。こう在りたい。

Img_201303054619

2013年3月 1日 (金)

極薄肉ステンレス溶接引抜管 本日納品

長さ200Lから150Lと短くなりました。

本日、納品させて頂きました。

SUS304 溶接引抜管

5Φ×0.08t×150L

20130301_113412

公差等、どうぞお問い合わせ下さい。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »