2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« スクリューチューブの管内 | トップページ | 中性タイプの代表格、GC6200F »

2013年7月16日 (火)

初物、造管ふたたび。

初めて納めさせて頂くパイプこそ、必ず満点を取らなければならない。

でも、今回はダメだった...。

Φ19.05(±0.1)に対し、マイナス気味に上がってしまった様だ。

情報量の把握に欠け、コミュニケーション不足。

こういう時は、徹底してやり直す。

やり直したパイプが出来上がってきた。

20130716_185321


公差内の様だ。

20130716_195844

ほんとに大丈夫なのか...まだ詰めが甘い気がする。

木曜日、再納品。

« スクリューチューブの管内 | トップページ | 中性タイプの代表格、GC6200F »

パイプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初物、造管ふたたび。:

« スクリューチューブの管内 | トップページ | 中性タイプの代表格、GC6200F »