2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 焼結方式でのモリブデン管 | トップページ | 足利は、晩夏に薫る。 »

2013年8月 8日 (木)

溶接ビードを “ぼかす”。

仕様上、ビード部が邪魔して溶接管の採用を見送られることがある。

かと言って、シームレスだと高いものに付く。

薄肉ステンレスパイプ肉厚0.1の切断品(短尺)の溶接ビードを、安価に消せないものだろうか。

ぼかす前の状態。

20130808_114419


仕上げ後。

20130808_114440


見えなくなりました。

熱がこもりやすい為、熱応力でなめらかな円が崩れやすくなります。

これについては、内径側に、放熱スピードが速い銅のパイプを入れ、支えてやることによって軽減が出来そうです。

パイプ道は続く。

« 焼結方式でのモリブデン管 | トップページ | 足利は、晩夏に薫る。 »

パイプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 溶接ビードを “ぼかす”。:

« 焼結方式でのモリブデン管 | トップページ | 足利は、晩夏に薫る。 »