2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月25日 (火)

SUSコア、洗浄。

平井大橋から乗るつもりが既に渋滞。結局、四ツ木から美女木まで80分。予定より一時間以上も遅くなってしまった。

現場を見たいと思いつつ、今日になってしまったが、洗浄能力は想定以上だった。

Img_201403263215


125本(全数)確認。

Img_2014032647527


このSUSコアは、製・販多くの関係者によって支えられ、形がある。


20140325_101511_2

いつもありがとうございます。


2014年3月14日 (金)

年度末の“池袋の会”

日高屋の上と言われたルノアールを発見して、木ム兄を見つけた後、先ず真っ先に用を足しに行った。木ム兄、いっつもルノアールだなぁ。「ルノアール」と呼んでやろう。
戻ってきた後、まだ早崎さんも来ていないのにバドワイザーを頼み込み、崩れかけようとする。
社会の窓から出ている白い物を発見したのは、その直後のことだった。
「なんてこった!!」。慌ててトイレへ駆け込んでやり直すも、もう戻らないことは直ぐに分かった。
「チャックが壊れた。こんなことは初めてだ。。。」と、木ム兄へ告白したら、何やら楽しそうな顔。
腰までの中途半端なセーターを思いっきり下まで引っ張って、ごまかすしかなかった。
(自分のツイートを見ると、この時17:04と記録されている。どうでもいいww)

それから程なくして隣の赤ちょうちん“三福”へ移動し、「早崎さん遅いですね。。」なんて言いながらHoppyでやり始めた。でも、どうも落ち着かない。何しろ全開だからだ。木ム兄とは、数週間前に静岡駅前で痛飲したばかりだったが、あの時以来、飲みは今夜が初めてかもしれないとか、仕事が忙しかったとか何やら言っている。刺し身の三点盛りが出てきた頃だったか、早崎さんも。「このキビナゴ旨い!」と、早崎さん言ってたなぁ。


Img_2014031619220

ここ“三福”の料理はなかなかのもの。新鮮。呑助の欲するものを安く提供してくれる。今夜はスタートが早かったからだが、19時過ぎたら待たされること必至である。

3月は何かと話題が多い。ましてや増税前とあって随分と駆け巡った気もしたのだが、果たしてどうだったのか。


Img_201403169443

お二人の先輩方は、歯抜けたネオン街へ舵を取られて行った。僕はコートで完全武装して丸ノ内線のホームを駆け下りていった。決して一人になりたかった訳じゃない。ズボンを脱いでスッキリしたかったからだ。木ム兄、社会の窓全開じゃ、次の店では誤解を招きますよね。ご馳走様でした。

2014年3月 5日 (水)

誕生日会と称して。

今夜は、ここ、“せとうち”に参りました。

20140305_193323

かれこれ一年前、自分の誕生日の祝いの席にと、ご馳走になったお店がここでした。
ここでは、岡山の磯料理や地酒を楽しむことが出来ます。

20140305_200635

う〜ん、名前が思い出せません。。塩味系のしっかりとした食感でした。

20140305_203747

確か、白子の揚げもの。中はとろ〜り半生でしたよ。

なんといっても、ひれ酒。旨かった(旨すぎでした)。

20140305_203255

火をつけたら、鱗に触れてしまい、火は消えて。。。

20140305_203413

小林部長も、固唾を呑んでおりました。

Img_201403064118

〆は、これ!

20140305_221201

歯ごたえバツグン!
ご馳走様でした。


溶接の引け

内面溶接ビードの高さについて、事前に取り交わすことがある。

Φ70×1.5tのパイプ。

板厚分、完全に溶かすことを前提とした場合、その高さは、-0+0.15で管理する。

そんな取り交わしをした後、サンプル品が送られてきた。現物は、アンダーであった。

20140304_132053

Tig溶接だと、固まる過程で(冷えるまでに)、underとなる。これは、板厚(肉厚)が、厚くなればなるほど、溶ける量が多いほど、より顕著になる。

触った感じ、爪に掛かるか否かの瀬戸際であったから、1.45を切っていたのではないか。

ユーザーは使用上、内面ビードがプラス気味のパイプは使えないのだ。

一品一様のパイプを造ります。


« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »