2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 太陽光発電システム施工展 | トップページ | 誕生日会と称して。 »

2014年3月 5日 (水)

溶接の引け

内面溶接ビードの高さについて、事前に取り交わすことがある。

Φ70×1.5tのパイプ。

板厚分、完全に溶かすことを前提とした場合、その高さは、-0+0.15で管理する。

そんな取り交わしをした後、サンプル品が送られてきた。現物は、アンダーであった。

20140304_132053

Tig溶接だと、固まる過程で(冷えるまでに)、underとなる。これは、板厚(肉厚)が、厚くなればなるほど、溶ける量が多いほど、より顕著になる。

触った感じ、爪に掛かるか否かの瀬戸際であったから、1.45を切っていたのではないか。

ユーザーは使用上、内面ビードがプラス気味のパイプは使えないのだ。

一品一様のパイプを造ります。


« 太陽光発電システム施工展 | トップページ | 誕生日会と称して。 »

パイプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 溶接の引け:

« 太陽光発電システム施工展 | トップページ | 誕生日会と称して。 »