2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 創立7周年 | トップページ | 6巻のコイル巻管 »

2014年6月16日 (月)

小倉の夜

小倉の町を歩き始めた時、18:30を回っていたかと思う。
赤提灯の色合いが道案内として映えるまでには、もう少し時間が必要だった。

店内には大きなコの字のテーブル。風がいて海の匂いがくるくると回っていた。
料理場の入り口には顔つきのいい男が立つも、その方が店主であることに疑う余地は無かった。

白イカと関アジを頂いた。

Img_2014061934729

イカには品よく、こんなに歯ごたえがあるものなのか。

Img_201406191177

僕はどうしても聞いてみたいことが胸にあって、幾度となく聞き返していた。

店主を間近に見て、呑み方の説明を聞くやいなや、早い時から焼酎を頂き、いつもの如くピッチが上がっていった。

Img_201406190780

温めの焼酎を徳利で。完全に小倉の地に体が植わった。

Img_2014061916482

もう一度、時間を巻き直したい。終わりの中に、始まりを思う。
ありがとうございました。

« 創立7周年 | トップページ | 6巻のコイル巻管 »

営業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小倉の夜:

« 創立7周年 | トップページ | 6巻のコイル巻管 »