2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月25日 (木)

あれから

せんげん台へ向かった。
この地この駅は、パイプ屋に成り立ての頃よく通った場所だ。
田町もそのひとつか。
あれから15年ほど経つが、会社が変わった今でも取引の機会を頂いている。なんとも有り難い。

肉厚0.1tの溶接パイプを納めさせて頂いた。
立ち上げ時期は未定。新たな技術で製品化を目指すと伺った。
こういう話が一番好きだ。わくわくする。

しかし、暑い。熱い。

Img_7881


2016年8月23日 (火)

早稲田大学へ

今日はこちら、早稲田大学へ参りました。

Img_7874

スクリューチューブ(コルゲート管)のご注文を頂きまして、納品させて頂きました。

行きは新大久保駅から、帰りは高田馬場駅から、早稲田の学生気分になって歩いてみました。
また来てみたいです。

Img_7875


2016年8月18日 (木)

ストック補充

小林部長に走って貰い、日在の倉庫より、洗浄剤とワイパーとを、亀戸事務所へ移しました。
これで、補充完了。
即納体制を続けて参ります。

GC3100SO

Img_7843_2

PV-70

Img_7844

安全安心の商材です。
なんなりとお申し付け下さい。

2016年8月10日 (水)

夏季休業

今の事務所へ移って来まして、丁度丸一年が経ちました。
昨年の盆休みは引っ越しで、現状復旧に大汗だったこと、懐かしく思い出します。

お陰さまでこの1年間、大過なく進んで参ることが出来ました。
皆様ありがとうございました。

明日11日から15日まで夏季休業致します。
また16日朝より全速全開です。

無限大道、道に限りなし。
↓に菊地が写っておりませんが、元気にやっております!

これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

Img_7663


2016年8月 9日 (火)

現場を信じる。

豊川で倉庫の下見。
残コイルの量が増えつつあり、今まで何度か処分もしてきたが。。
動きの止まったコイルをリストアップし、価格交渉へと進みたい。

Img_7591_2

新城工場では、今日は出荷前検査の立場。
なんとか納まって欲しい。
この仕事には、運不運も付き纏った。

Img_7602_2

仕事を決める決められないには、事前の準備が大きい。
製・販・技、どの枠でもそう思うのだが、販(営業)のメムバーは、現場に託す、仲間を信じる思いが強い。
パイプを直視して、今日はそんな感慨だった。

Img_75961

2016年8月 8日 (月)

盆休み前の約束を。。

朝一のこだまで、小田原へと向かった。
懸案だったことが、ひとつ解消された。
小さな小さなパイプ(内視鏡部品)なので、道中、何度となく鞄の中を開けては見て、また。。

Img_7576


スウェージングパイプも遅れていて、ようやく金型の預り証と初物トライ品とをお送りした。

Img_7581

寸法合わせはこれから。

Img_7582

もう一踏ん張りです。

2016年8月 3日 (水)

稀有な体験

今日は、稀有な体験をした。
@所沢新町へ打ち合わせに伺ったら、女性3人が現れて、名刺を交換して。。
ずっと、うつむき加減で。。参った〜。
営業段階で女性と接することなど皆無に等しい毎日。。面食らってしまった!!

そんな報告も兼ねて、木村兄と東所沢駅前で一献。

Fullsizerender

兄は、大好きな日本酒に興じて、今宵も更けゆく。
サンプルで貰った綿パッキン入りの螺旋管など、パイプ屋として学ぶ機会が多くあった。
人の事務所には積極的にお邪魔するものだと、実感した。
お疲れ様でした。

Img_7541


2016年8月 2日 (火)

ビードローラー加工

溶接したまま(AW)のパイプに、ローラー掛けをする。
ビード線上に、肉厚2.0のパイプを押付けながら転がしていく。
こうして、「圧延」されていくと、溶接ビード(金属溶接部)=白線は消えて、母材部と同じ色合いへと変化する。
これは、内外面同じく変化する。

このパイプで更なる耐久へ挑戦する。

Img_7531_2


« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »