グルメ・クッキング

2014年3月 5日 (水)

誕生日会と称して。

今夜は、ここ、“せとうち”に参りました。

20140305_193323

かれこれ一年前、自分の誕生日の祝いの席にと、ご馳走になったお店がここでした。
ここでは、岡山の磯料理や地酒を楽しむことが出来ます。

20140305_200635

う〜ん、名前が思い出せません。。塩味系のしっかりとした食感でした。

20140305_203747

確か、白子の揚げもの。中はとろ〜り半生でしたよ。

なんといっても、ひれ酒。旨かった(旨すぎでした)。

20140305_203255

火をつけたら、鱗に触れてしまい、火は消えて。。。

20140305_203413

小林部長も、固唾を呑んでおりました。

Img_201403064118

〆は、これ!

20140305_221201

歯ごたえバツグン!
ご馳走様でした。


2012年11月 1日 (木)

今夜の一品

四谷のバーカウンター。

今夜の一品は、山羊(やぎ)のチーズの盛り合わせです。

Dsc_1956


平林社長(㈱名管商会殿)と、今宵もまた、静かに更けゆく四谷の街で。

記憶には無い母乳の味を想起させる味覚。口の中で巡ります。

パンとワイン、パンと焼酎、どちらにも合いますね。

Panda Barで素敵な夜の一幕を。

2012年5月 2日 (水)

PANDA BAR ふたたび

小雨模様の四谷の街は、GWの中日とあってか、のんびりとした雰囲気に映っていた。

杉大門通りに入ると、灯りと共に店内の様子が垣間見られて、今更ながら“灯り”に安堵しながら、PANDA BARへと歩いて行った。

収まった写真を後から覗いてみると、三枚ある。

多分、最後の最後に頂いたあてです。

Dsc_0784


平林社長(名管商会殿)がパンダと一緒に日本酒を...グラスへ注がれる日本酒も洒脱なものでした。もうこの時はお腹いっぱいです。

Dsc_0780

オーナーの杉本さんに撮って頂いた流し台。厨房用として拡販していく糸口を作って貰いました。

この省スペースタイプが一番の売れ筋です。

Dsc_0782_3

芳醇な赤ワインとチーズで、ちょっと贅沢な時間を...。

2011年9月 4日 (日)

亀戸餃子

自宅からメールを送ろうと思った瞬間、パソコンがクローズ...バッテリが無くなった。

トラブルだ!どうしても送りたい。自転車で会社へ向かった。

この土・日は予定していたパイプを納めることが出来ず、気を揉んだ。

とんかつでも食べて帰ろうと、亀戸餃子の路地を入った。

結局、昼飯は餃子へ変更となった。

Kc3r0235

餃子が蒸し上がる音と人間の会話とがディスターブする店内。

今日は飲まないと決めていた。一人二人客が座るも、皆飲む。

これはヤバイ、早く切り上げよう。3皿黙って食べて、後にした。

僕の記憶に間違いが無ければ、この店は中学時代から僕の人生に登場している。

Kc3r0236

2011年7月 5日 (火)

パイプ談義の夜

事務所を出て、ほっと深呼吸。歩き始める、不思議といろんな想いが駆け巡る..。

今夜も酒を...「希望」の門を叩く。

常連の諸さん親子が熱く語り合っている。ほんと、羨ましい。

P1020447

父上は、パイプの塑性加工を知っている方だ。

この「希望」で、何度か一献させて頂いた。

今夜、初めて知った。背中を見ていた息子も知っていた。

「パイプを引き落とす、膨らます」...いや~驚いた。

僕も親父の背中に押されて、ずっと青春時代を生きていた気がする。

まざまざとその生きざま、背中を見せつける親父であった。

煙突屋...ずっと風呂屋の煙突が営業種目と思っていた。

30歳を機に同じ世界に入ってみて、初めてガス給湯器の排気筒を製造販売している親父だと分かった。

それから先のことは、今日は語らない。

〆はいつもの希望オリジナル・ポテトフライ。これが旨い!

P1020448

楽しい一夜をありがとう。

おやすみなさい。

 

2011年6月25日 (土)

希望

まだ旧事務所にいた頃、店の看板が掲げられ、オープンする様子を、5Fの窓から眺めておりました。

P1020359

店の名は“希望”。ストレートな名前だと思いました。

昔、三鷹の北野に住んでいたのは28歳の頃。吉祥寺の駅前に、レバや子袋を生で串に刺して出してくれる店がありました。夕方5時には一杯になる店でした。僕はたまらなく好きでした。あれから10年、その味を再現してくれる店は無く、ずっと心のどこかで再会を期しておりました。

希望に入って初めて口にしたもの。

P1020349

10年前にタイムスリップした瞬間でした。タレでも塩でも、レバ・ハツ・子袋・タンなどを生で出してくれます。

P1020346

カウンターの隅で呑む酒は決して寂しい酒ではなく、人の顔が浮かび、姿が浮かび、昼間伝えることが出来なかった感情の起伏を被せては静かに笑い、また次に移っていく。

P1020352

P1020354

希望が今日、開店2周年を迎えた。テクノス・ジャパンも今月7日で丸4年、5期目がスタートした。この2年間、この希望で、幾多の人間と酒を呑み、温度の高い人間とその感激を心にしてきたのか。

それらの時間は、荒さんの心意気・酒席の心得があってこそ生まれた場であった。

P1020348

荒さんは言う。高いお金を出せばどんな旨い料理でも食べることが出来る。でも、それじゃ意味がない。もてなす側の心意気です、と。

P1020356

常連客の言葉。「煙に巻かれ、煙に学ぶ。」なんとも風情があるものだ。

利害や仕事から離れ、一期一会に“希望”を胸に集い合った語らいの中から、僕はこの2年間、どれだけの情熱と収穫を得たのか。

P1020360

希望の2周年は、特別な一杯となりました。