2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

旅行・地域

2016年3月13日 (日)

一陽橋 !

濃密な二日間を経た後、最終日は自由行動に。
ホテルを出て、なんとはなしに弘前公園の方へ歩いて行った。
暖かい。気温4°。

Img_6117_2

公園内に自分の名前と同じ橋が!!

Img_6122_2

一陽橋を渡っては戻り。短尺なのだが、なんとも名残惜しい。。

Img_6125

振り返って、おいわ木を見つめる。

Img_6129_2

青森空港で頂いた珍味四点盛。これがなかなか量が多くて、酒に合い。。

Fullsizerender_2

青森のためになること。この言葉が耳に残っていた。

Img_6135


2013年12月 7日 (土)

駿河の湾に寄り添って。

何年ぶりのことやら。。バス旅行へ連れて行って頂きました。
天気にも恵まれ、途中、富士山が綺麗でした。

Img_2013121042155

焼津へ到着。駿河湾の見果てぬ先は、どこまでも「海」でした。

Img_2013121027219

翌朝、澄んだ空気にいつまでも立っていられるようでした。

Img_2013121048247

帰り道には、三保の松原を見学。靴下の中まで砂でいっぱいに。。
ここから臨む富士のふもとに幸あれ!

Img_2013121042253


2012年10月29日 (月)

紀伊半島の旅

関空から三重・熊野市まで、ドライブすること5時間~~。

今日は、紀伊半島の旅をお楽しみ下さい。

先ずは、潮岬灯台。最南端です。

灯台から臨む景色は、真っ青な海と空。

Dsc_1851

橋杭岩。神秘的でした。

可憐に咲く赤のハイビスカスと共に。

1351512611442_3

七里御浜海岸

1351583021341_3

今夜のお宿は、かんぽの宿 熊野

おやすみなさい。

2011年7月15日 (金)

梅雨

この三日間、韓国はほぼ終日、路面が濡れている状態でした。

東京の短かった梅雨とは異なり、約一カ月の長雨だと聞きました。

金浦空港へ向かう途中、河川の水位は完全に超えてしまっており、只ならぬ情景でした。

気温は27~30℃、ぐっと過ごし易い環境でした。

P1020563

今朝も降ったりやんだりです。

これから戻ります。

P1020565


2011年7月14日 (木)

初伏

韓国で初伏=チョボッ。

日本で言う土用の丑の日。

家庭ではサムゲタンを食べて精力を付ける様です。

そのサムゲタンを昼にご馳走になりました。

Kc3r0212

このスープ、ほんと旨かったです。

何社か回りましたが、会社でも一斉に休憩を取られておりました。初伏(チョボッ)の日が韓国の伝統として息づいていることを実感しました。

雫に濡れるネオンに見つめられて、夕飯もまたご馳走になりました。

P1020560_3

洪社長、沈部長、今日は一日、ありがとうございました。

2011年5月25日 (水)

鶴岡から山形へ

お早うございます。勢いのある清々しい風に浸っております。鶴岡の朝です。

Memo0087

平林社長と分かれて、僕は山形行きのシャトルバスへ乗り込みました。

Memo0088

バス一面に渡るパノラマに少し興奮しました。新緑ではなく、万緑の様でした。

万緑と残雪の共生を見ました。

Memo0099

Memo0092

鶴岡から山形市内へ向かったのは、数少ない親友(後輩)の自宅へ二世の姿を見たいと思ったからでした。亡くなられた父上へのお焼香もしたいと思っておりました。

Memo0103

お爺さんそっくりの息子でした。

息子をおぶって野良仕事?

Memo0105

束の間のふれ合いでした。

仕事より大切なもの、「家族」への想い、山形を後にしました。

Memo0107

東京へ戻ります。