2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

パンチングパイプ

2018年12月14日 (金)

パンチングパイプ

評価依頼品 3本 出荷しました。
パンチングパイプ 重ねスポット品です。

量産追いかけます。

Img_6801


2018年11月 2日 (金)

サンプル出荷、パンチングメタル

パンチングメタルシートのサンプル品を発送しました。


Img_6225

これから、アイテム数を増やして参ります。


Img_6224

板もパンチングパイプも、縦横無尽に造ります。

なんなりとお申し付け下さい。

2018年2月14日 (水)

豊橋

前泊です。
明日朝から、工程変更に伴う体制監査があります。
お休みなさい。

Img_3769


2017年11月25日 (土)

備えよ常に

今週も湯洗。
三人の息も合い、13:30で終了。

Img_3087

前工程の勝利でもある。湯洗前コア(パンチングパイプ)の状態がいい。

Img_1271_3

頂いた手袋は万能選手。感謝です。
ありがとうございました。

Img_1835_2


2017年11月11日 (土)

パンチングパイプ

今週末も湯洗、パンチングパイプ
永倉君、木村兄の協力を得て、無事に終了。

Img_2876


Img_5411_2

昼飯でオーバーランしたにもかかわらず、目標時間に。

Img_2897


ありがとうございました。

2017年8月18日 (金)

パイプ道

世の中は未だに休みなのか、高崎線はガラガラでした。
吹上駅の改札口には風鈴棚が。


Img_2028

その中の一句。涼しいですね。


Fullsizerender


皆様に支えて頂きながら、今日もこうして仕事に恵まれております。
ありがとうございました。


Img_2043_2
(パンチングパイプ)


2014年11月24日 (月)

開孔率の違い

明日搬入するパンチングパイプをご説明したい。
用途については、諸々の事情で伏せさせて頂きたい。

検証のポイントは、開孔率違いがどう影響し、判断されるか。

こちらは、ごくごくスタンダードの3Φ×5P、開孔率32.6%のパンチングパイプ。
溶接シロが残っているので板巻きの突き合わせ溶接品。
SUS304 P
100Φ×0.5t×750L
3×5

Img_1700

開孔率51%がこちら。3Φ×4P。
同じ板厚0.5でも、遥かに軽く感じます。

Img_1698

縁(無孔部分)が少ないので、重ねスポット溶接品。

Img_1699

iPhoneで丸穴を覗きこんでいると、遊び心が生まれて、万華鏡を思い出します。

Fullsizerender2


2014年11月20日 (木)

耐圧と差圧

長野、高崎での仕事を経て、今日は新潟・東港へ。
今冬初めてのオーバー持参でしたが、そんなでもありません。
Image1

高崎での一夜は、一聴に値するものであった。SUSコアの耐圧から話は及んで、差圧を始めとした濾過のいろはを教えて頂いた。
その時のメモがこれだ。
Image1_2

裏を返してみたら、居酒屋での今日のおすすめメニューだった。これには笑った。
Fullsizerender

大殿から学んだことを基に、これから営業です。
濾過の世界に、また少し接近したいと思う。


2014年5月15日 (木)

今一度、トレーサビリティを構築する。

パンチングパイプ(SUSコア)の品質監査、今日は最終の洗浄工程について、監査を受けた。

今日出荷の予定が無い状況の中で、事前に運転準備して頂き、本当にありがとうございました。

20140515_140048

作業標準書に基づいて工程を追い掛けてみるも、毎回毎回新たな気付き、分かっていなかった点を振り返る。

特に、ロットを追跡する“トレーサビリティ”。任せていたとは言え、その重要性を再認識。

20140515_125247

繋がっていたものと思っていたのだが、詰めが甘かった。書式の改定(追記)で補完できる状態ではあるが、追跡可能な状態とは何ぞや、と改めて見直したい。材料→打抜き→造管→洗浄、と足が長いだけに尚更だ。


2014年4月24日 (木)

薄肉パイプと共に巡る。

久しぶりに五反田から池上線に乗った。
昔歩いた道のりは、完全に忘却の彼方へ、工場の2階へ上がった後、幾分か重なるものがあった。

どうしても納めなければならず、コアを迎えに出た。
テフロンの糸を巻くコア(パンチングパイプ)、SUS316L。

Img_2014042555851

普段、納品などせずに動き回っているので、薄肉パイプを持ったまま歩く不安定さを改めて痛感する。こんな時に限って、前から後ろからぶつかってくるし。。落とした!凹んだ!!それは出来ない。

いずれにしろ、大切なものに寄り添い、12本のパイプはずっしりと芽吹いていた。


Img_2014042532102