2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ

« パンチングパイプ | トップページ | 新分野の商品化を目指して »

2010年7月 6日 (火)

スクリューチューブ

所沢より、いつもお世話になっている社長殿がお見えになりました。

思えば、引っ越した新しい事務所にお越し頂くのは初めてのことでした。

給湯関係のメーカーへ、“スクリューチューブ”(ねじりパイプ)を売り込もう、これが今日のテーマでした。クリーン、省エネと言った次世代給湯器の伝熱管(熱交換器)として引き合いが増えているパイプです。

P1010730

外から見ると見事にねじれておりますが、管の内側(内径側)はストレート状になっております。この為、整流作用に優れ、高い伝熱性能を発揮します。

また、ハンドでの手曲げも可能な為、施工性も良しです。

冷暖房・給湯に関わらず、既に医療機器の熱交換パイプとして永く実績のあるものです。

サンプルやカタログも準備してございます。

どうぞお問い合わせ下さい。

« パンチングパイプ | トップページ | 新分野の商品化を目指して »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スクリューチューブ:

« パンチングパイプ | トップページ | 新分野の商品化を目指して »